fc2ブログ

 先の1月4日 公開講座の深川散歩で、

 最後に行った「深川三十三間堂」前の

 「八幡橋」で撮った参加者の写真を合成した。

弾正橋小

 この右後ろに見える鉄製の「八幡橋」が、日本国内初生産の鋼鉄製最古の橋「旧弾正橋」で、もと日本橋兜町付近に架っていたと説明し資料も作ったが、鋼鉄製最古の表現、位置など、少しこれについて補充しておこう。



 「弾正橋(だんじょうばし)」


 もと、京橋楓川(かえでがわは否、モミジガワ正解:東京都中央区宝町三丁目:下記地図・説明)にかけられていたが、大正2年の東京市区改正事業によって新しい「弾正橋」がかけられたので「元弾正橋」と改称された。さらに大正12年の関東大震災後の帝都復興計画により、「元弾正橋」は廃橋となり、東京市は1929(昭和4)年5月、富岡八幡宮(ハチマングウ)の東隣りの八幡堀(ハチマンボリ)に移し「八幡橋(私は、当日うっかりヤハタバシと呼んでしまったが、ハチマンバシが正解)」と呼ばれた。当時は橋下に堀があり、その後埋め立てられ遊歩道となっていて、橋も橋幅から車両が通過できず、私達も歩いて渡ってきた。
 この「(元)弾正橋」は、1878(明治11)年東京府の依頼により工部省赤羽製作所が製作した国産第1号の鉄橋で、長さ15.2m、幅3m(有効幅員2m)、(当時は橋幅は9.1m(5間)あったと記録に残る。架設経費は4058円。)の単径間アーチ型式の鉄橋で、ウィップル(技師の名前:下記)形(ドイツではボウストリング形とも)鉄橋と呼ばれる。鉄材が2種で、アーチ部分を鋳鉄製とし引張材は錬鉄製の鋳鉄錬鉄混成の橋で、独特な構造手法(?)で施工してある。この橋は鋳鉄橋から錬鉄橋への過渡期の鉄橋として貴重で、1977(昭和52)年には近代橋梁技術史上において価値の高い橋であることから、国の重要文化財に指定された。
 この「ウィップル形トラス橋」は、米国人技師スクワイアー・ウィップル(SQUIRE WHIPPLE)の特許が基本となっており、弾正橋の優れた製作技術に対して、1989(平成元)年10月に日本国内で初めて米国土木学会より「土木学会栄誉賞」が贈られた。(プレート碑が橋の下にある。)
 dan512.jpg b5842da75fb7c3d8.jpg 昭和40年代はこんな色だった
 dan211.jpg 角張ったアーチ部分は、鋳鉄製。ナットで連結。
 dan312.jpg丸棒は錬鉄製  250px-Hachiman_bashi.jpg菊の紋章と言われる

 ○ 旧弾正橋(八幡橋) www.gijyutu.com/ooki/kenngaku98.../dannjyou.htm
   国指定重要文化財 1977(昭和52)年6月27日指定
   東京都江東区富岡一丁目19番~二丁目7番
   建設年代:1878(明治11)年
   形式:単径間アーチ橋(ウィップル形またはボウストリング形)
   設計・施工:工部省赤羽製作所

   00051.jpghatimanbasi1111.jpg dan1211.jpg

   浮世絵に描かれた旧弾正橋、昭和になり八幡堀に移されて八幡橋に、現状は堀が埋め立てられて公園化した

○ 弾正橋 大正12年大震災のあと、大正15年新設の新しい橋
   0113300弾正橋 0113301弾正橋



「弾正橋」の島田弾正とは、
 江戸時代初期の旗本、2代目江戸南町奉行を勤めた、島田 利正(しまだ としまさ)。名は「守利」とも。法名幽也。従五位下弾正忠。徳川家康に仕え、のち徳川秀忠の旗奉行・代官となった島田重次の嫡男。子は江戸町奉行などを歴任した島田守政。島田氏は美濃国守護であった土岐満貞を祖とする。三河国嶋田(現愛知県新城市付近)に住してからは「島田」を称した。最初に島田の地に住した一族は衰退するが、島田氏の名跡は他の土岐氏一族により継がれ、三河国矢作庄にて一定の勢力を得ていた。
 父の領していた三河国矢作城(現:矢作橋たもと)にて生まれ、父と同じく徳川秀忠に仕え、小田原の役での鉢形城攻めや関ヶ原の戦いでの働く。秀忠関東入府後、慶長18年(1613年)から寛永8年(1631年)に江戸南町奉行に就任し、市政の制度化に尽力。また他にも最上騒動の際、幕府の使者として名が見える。それらの功により従五位下弾正忠(だんじょうちゅう)に任官された。武蔵国入間郡、比企郡などで、五千石を領した。
 南町奉行時代、現在の北八丁堀付近に屋敷があり、付近にあった楓川に架かる橋が利正の官職にちなんで弾正橋と名付けられたという定説化した見解が流布しているが、私は「その邸地の南東、本材木町に渡る橋」という、その弾正の邸宅を、切絵図などで確認していない。
 明暦の大火の後に、島田家の屋敷は湯島(湯島霊山寺が浅草へ、その跡地へ移る。湯島三丁目「妻恋坂」と神田明神の間、西側)に移るが、弾正橋の名称はそのまま残った。
 
 三橋 地図 
 三橋 切絵図

 ◆『江戸名所図会』三ツ橋(みつはし)―― 
  一つのところに橋を三所架(わた)せしゆゑに、しか呼べり。北八町堀より本材木(ほんざいもく)町八丁目へ渡るを、弾正橋(だんじょうばし)と呼び(寛永(1624-44)のころ、いまの松屋町の角(すみ)に、島田弾正少弼(しまだだんじょうのしょうひつ)やしきありしゆゑといふ)、本材木町より白魚屋敷(しらうおやしき)へ渡るを、牛の草橋といふ。また、白魚屋敷より南八町堀へ架するのを、真福寺橋(しんぷくじばし)と号(なづ)くるなり。
彩色三橋
(「三ツ橋」挿絵には、次の添句が記載)
  『風羅袖日記』 八丁堀にて
   菊の花 さくや石屋の 石の間    芭蕉


○日本の鉄橋製作、明治時代順で20橋
 元年 くろがね橋  長崎 錬  21.7 プレートガーダー  フォーゲル(蘭) 長崎製鉄所
 〃  吉田橋 横浜 錬  24.8 ダブルワンレットラスガーダー  ブラントン(英)
  3  高麗橋 大阪 鋳・錬  71.1 プレートガーダー    輸入(英)
 〃  山里吊橋 皇居 -  68.4  吊 ウォートルス(英)
  4  新町橋 大阪 鋳・錬  -  アーチ  
  6  心斎橋 大阪 錬  44.2 ボーストリングトラス    輸入 ryokuchi1.jpg 保存の旧心斎橋
 〃  安治川橋 大阪 -  -  旋回橋  
  8  十綱橋 福島 -  68.8  吊  
  9  豊平橋 札幌 錬・木  63.5 アーチとトラス  ホルト(米)
 〃  京町橋 大阪 錬  18.5 プレートガーダー    
 10  戒橋 大阪 錬  39.8 プレートガーダー    
 11  弾正橋 東京 鋳・錬  15.0 ボーストリングトラス 赤羽工作分局
 15  高橋 東京 錬  48.4 プレートガーダー    
 16  都橋 横浜 錬  22.1 ボーストリングトラス   
 〃  大江橋 横浜 錬  51.6 プレートガーダー    
 〃  浅草橋 東京 鋼  - ボーストリングトラス    
16~18 生野・御子畑間の五橋
 〃  御子畑鋳鉄橋 兵庫 鋳  15.58  アーチ →  kamik7751.jpg  
 〃  吊橋  〃 -  -  吊  
 〃   羽渕鋳鉄橋  〃 鋳  18.27  2連アーチ  ↓   
 〃  金木鋳鉄橋  〃 鋳  -  2連アーチ      habuchi01.jpg
 〃  無名橋  〃 -  - アーチと吊り上げ  
 20  柳橋 東京 錬  - ボーストリングトラス    
 〃  吾妻橋 東京 錬  - ボーストリングトラス   

            (*鉄道橋は除く *神子畑鋳鉄橋調査報告より JSSC VOL.10 NO.99)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本に現存する鉄橋 でもっとも古いのは、上記の太字4つ
 1 明治6年の旧「心斎橋」(鶴見緑地の「緑地西橋」として移設)錬鉄製で最古
 2 明治11年の旧「弾正橋」(八幡橋として移設)錬鉄、鋳鉄混用製で最古
 3 明治18年の「神子畑(みこばた)橋」 全鋳鉄製として最古、1977年6月、重要文化財 
            羽渕鋳鉄橋は流失後、再建

  堅く圧縮力に強い「鋳鉄」がアーチ部の部材として適しており、
  逆に、柔らかく引張力に強い「錬鉄」は、引張材として適している。 という原則

 世界で「鋳鉄」製のアーチ橋の初めは、イギリスのコールブルックデール(Coallbrookdale)にあるセバーン河(Severn)に架けられたアイアンブリッジが最初(年代不明、私は未確認)。それまでの石造橋梁の技術が鋳鉄橋に応用された。
 

 明治の初め、すでに欧米では「鋳鉄」から「錬鉄」の時代に移り変わっていたが、日本では、明治6年「心斎橋」は、輸入錬鉄で。明治11年の「弾正橋」は、国産の鋳鉄と錬鉄の混成。18年の「神子橋」「羽渕橋」は、国産鋳鉄のみ使用する全くの例外的な存在である。この「神子橋」「羽渕橋」は、当時工部省所管の横須賀製鉄所に容量3t/hのキュポラが設置されていること、また「明治初年のころには生野鉱山でつかう諸設備をつくっていた」と記録されることから、横須賀製所で作られたとされる説がある。 また、その鋳鉄は「燐(P)」の含有量が異常に多く含まれており、これは、鋳造のときの鋳型に鋳込む際の湯(熔解した鉄)の流動性を良くするための、日本の伝統的な鋳造技術によるものと考えられている。 「技術科@スクール」技術のわくわく探検記 http://www.gijyutu.com/ooki/gijyutsu1.htm

 tori15i.jpg tori15k.jpg c01danjyoubashi.jpg
現状の弾正橋公園、モニュメントもある

 

 


 


2010.01.14
コメント記入欄
 
 
 
 
 
 
 
 

花ギフト館のブログ | すうぃ~つなプリザ♪

オリジナル・アレンジフラワー販売^^v

2010.01.14 14:02:09(Thu)